肌キレイ~オールインワン化粧品の選び方~

”らく”したいけど、”キレイ”でいたいあなたを応援♪簡単・時短のオールインワンジェルやゲルをわかりやすく紹介します。

お役立ち記事

湿度が低くても健康な肌は乾燥しない

投稿日:

美容雑誌なんかを見ていると夏でもエアコンによる乾燥に注意!とか

冬は乾燥するから保湿対策を!とか乾燥にまつわる色々な見出しが躍っています。

しかし、本当に湿度が低いと肌は乾燥してしまうのでしょうか?

そしたら砂漠にすむ方の肌は皆乾燥して水分が少ないのでしょうか?

日本は、世界的に見ても湿度は高い方だと思います。

湿度計

乾燥肌は、湿度と関係ある!?

特に空気中の湿気を体が吸収するのは湿度80%以上の時というのをTVで見た事があります。

湿度80%が日常の地域って日本で言えば海沿いとかごく限られた地域ではないでしょうか?

では、都市部ではどうかというと湿度80%なんていう時はほぼほぼありません。

しかし、すべての人が乾燥肌という事もないと思うのです。

 

肌が乾燥するのは、空気が乾燥しているからでも化粧水が足りていないからでも水の飲み方が足りないからでもないのです。

セラミドが足りていないからなのです。

セラミドについては、下記の記事で詳しく書いてあるので読んでみてください。

化粧水は、本当にいらない!?

セラミドが失われる原因とは

では、セラミドが失われる原因は何でしょうか?

セラミドは、加齢でも減少していきます。それともうひとつクレンジングです。

クレンジングに含まれる界面活性剤でセラミドが流れてしまうのです。

私が考えるスキンケアは、クレンジング、そして保湿が基本の2本柱です。

お化粧をする以上クレンジング(メイク落とし)でお肌をきれいに保つ事は、とても大事です。

しかし、強すぎるクレンジングでお肌が荒れてしまってはもともこもありません。

では、極力肌に負担をかけずにメイクを落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

正しいクレンジング方法

クレンジング選びからです。

 

オイルやリキッドタイプは、洗浄力が強く、負担をかけやすい。

ジェルタイプやクリーム、やさしいイメージのミルクなら大丈夫と思いがちですが、じつは、界面活性剤や防腐剤がしっかり入っているものも多いので注意が必要です。

カウンターで乾燥肌ですというとミルクタイプがおすすめですといつも言われるのですが、実際には内容はほとんど変わらないものも多いそうなので注意が必要です。

実際に使ってみないとわからないケースが多いです。使ってみてよく肌を観察する事が大切です。

1か月後に乾燥してくるなんてケースもあるそうなので、何回かで判断するのではなく長い目でチェックしてみてくださいね。

そして、最近の化粧品は、汗にも強く落ちにくいものが多いです。

ベースでリキットのファンデーションを使っているならオイルのクレンジングがいいでしょうし、化粧品に合わせて使うのが一番正解です。

まつ毛エクステをしていたらオイル系のクレンジングはNGでしょうし、ケースバイケースになります。

しっかりお化粧を落とせてないとニキビの原因になったりしますので、サッと手際よくクレンジングするのがおすすめです。

マッサージしながらクレンジングを長時間するのも間違いだそうです。

セラミドが溶け出してしまいます。

強いクレンジングは、あくまでもお化粧を落とすものと割り切って早めに洗い流すのがセラミドを守る優しいクレンジング方法なのです。

クレンジングは、なるべく短い時間で力を入れずに洗う事で肌負担を最小限にとどめる事ができます。

そして、仕上げに洗顔料でやさしく洗顔してフィニッシュです。

まとめ

日々の生活の中でセラミドが重要な事がわかりました。

乾燥しらずの肌をつくるために、セラミドを守るケアをしてみてはいかがですか?

セラミドを守るためにクレンジングを見直す事も必要かもしれません。

クレンジングが肌に異変をだすのには、すぐではありません。1カ月~半年後なんて事もあるそうです。

自分の肌をよく観察する事を忘れないでくださいね。

 

一番おすすめするオールイワンジェル

総合ランキングバナー

-お役立ち記事

Copyright© 肌キレイ~オールインワン化粧品の選び方~ , 2020 All Rights Reserved.