肌キレイ~オールインワン化粧品の選び方~

”らく”したいけど、”キレイ”でいたいあなたを応援♪簡単・時短のオールインワンジェルやゲルをわかりやすく紹介します。

お役立ち記事

本当に肌に与える必要があるのは水分ではない!?

投稿日:

確かに肌に水分は、必要です。

でも、肌の水分を守るために必要なものは、水そのものではなくそれをキープする保湿物質なのです。

jniittymaa0 / Pixabay

髪を例に考えてみましょう。

乾燥してパサついた髪の毛にただ水をつけても30分もたてば乾いてしまいます。トイレで手を洗った後髪の毛を濡れた手で整えている人を良く見ます。

でもすぐ乾燥してまた、元のぱさぱさヘアーに戻るでしょう。

しかし、髪の潤いを保つには、ヘアクリームやワックスなどの潤いを保つスタイリング剤をつければ潤ったままですね。

それと肌も一緒です。

それは、いったい何という物質なのか・・・ズバリ「セラミド」です。

セラミドは、肌の潤いを守っている物質です。これは、赤ちゃんの時にたくさんあるのですが、

悲しい事に加齢とともに減少します。

そして乾燥しやすくなっていくのです。

また、最近は、アクアポリンという表皮から角層へと水が上がっていく時の通り道の数が増えたり減ったりすることが角層の水分量の調整に関わっているらしいという事がわかってきています。

アクアポリンも年齢とともにへっていくので角層に湧き上がる水分量が減って肌は乾燥しやすくなります。

セラミドも同様に減るので、さらに乾燥が加速していくのです。

だから、セラミドを守り、増やすというケアが大切になってくるのです。

乾燥肌の原因は、セラミド不足!?

daeron / Pixabay

乾燥肌の原因は、水そのものの不足ではなく各層が水をキープする力すなわちセラミドの不足です。

だから、乾燥肌から脱却するには、水そのものを与えてもダメという事です。

乾燥して肌がかゆいからと言って水を飲む人はいないと思います。

多くの人は、保湿剤を塗りますよね。

逆に、セラミドが正常の状態であれば湿度が低くても乾燥せずに体内の水分調節機能が働き肌の水分を保てるのです。

人間の体は本当に神秘的です。

 

だから、オールインワン化粧品を使っていて物足りないからと言って化粧水を追加で使う必要はないという事ではないでしょうか?

セラミドは、肌の水分を増やし、うるおった肌には透明感が生まれ、敏感肌やニキビなどのトラブルを軽減します。

セラミドは、加齢とともに減少するので、それを補う意味でセラミド配合の化粧品を使うことをおすすめします。

一番おすすめするオールイワンジェル

総合ランキングバナー

-お役立ち記事
-

Copyright© 肌キレイ~オールインワン化粧品の選び方~ , 2020 All Rights Reserved.